2016/01/02

Twitterに画像付きのツイートをする方法 私の備忘録 その①

 

2016年が来てしまいました。このごろ一日一日が早いです。ブログが書けずに一日が過ぎていくときなんて本当に早くて…。それでも過ぎたものは悔やんでも仕方ないので、新年なのでここで心機一転がんばります!!

私の尊敬する松原潤一先生にもエールを頂いたので!!

私がブログでやってみたかったことをひとつづつ取り組んでいこうと思います。

その一つがTwitterに画像付きのツイートを載せる(自動で)というもの。

ブログをされている皆さんはほとんどブログの紹介の時に画像を載せておられます。その方が読者の目に留まるからです。私も「あ、読んでみたいな」と思うブログは画像から入っていることが多いもんなぁ。

だからTwitterに画像付きツイートを載せたいというのは前々から思っていて、それにまつわる記事も読んでいたのですが、なにぶんちょっと読んだだけでは理解のできない私ですのでついつい後回しとなっていました。

今回お休みもあるし、やれる事をやってみようと思い、挑みました。

 

私が今回参考にしたブログの記事はこちら

[Å] 注目度UP!IFTTTを使って自動で画像付きツイートを流す方法をお試しあれ!

ifttt 

このブログ記事は画像入りだし丁寧なのでとても分かりやすかったです。

…が、こちらのブログに書かれている設定に必要な『feedly』というもの自体を知らなかった私は設定に手間取ってしまいました。

『feedly』って言うのはブログをされている方ならものすごく有名な素晴らしい機能らしいのですが、本当にわからないことだらけの私なのでまずはそこから調べました。

『feedly』はフィードリーと読みます。

そして『feedly』を説明する前に、『RSS』と言う言葉を知っておいた方がいいようです。

 

というわけで、まずRSSってなに?

私同様カタカナに弱い方、カタカナばかりでゴメンナサイ‼なるべく分かりやすく書きます。

RSSというのはボタンの形で見かけることが多いです。

私のブログにも当たり前のようにボタンがついています。SNSボタンのところにね。(記事下)

 

SNS  ボタン

 

でもその一つ一つについて関心を持っていませんでした。だから今回勉強したよ。

こちらの方のブログがとても分かりやすいので引用させていただきました。

RSS(アールエス エス)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

もし聞いたことがなくても、図のようなアイコンを一度は見たことがあるのではないかと思います。
RSS
RSSとは簡単に言うと、【情報を効率よく収集することができるフォーマット】です。

例えば、あなたには毎日チェックするほど大好きな芸能人のブログがあるとします。

ブログの更新は不定期ですので、ブラウザのお気に入り(ブックマーク)などからそのブログを見て、更新されているかどうかを確認すると思います。
(もちろん毎日更新されている方も大勢いらっしゃいます。)

この「ブログが更新されているかどうか?」というのは、基本的にそのブログのページを見ないことには分からないですよね?

ブログ

しかも、「お気に入りのブログ」の数が多ければ多いほど、ブログが更新されているかどうかのチェックにかかる時間が膨大になります。

「毎日チェックしているのに、最近このブログは全然更新されないなぁ・・・」という経験をされている方も多いのではないでしょうか?
(私も以前はそうでした。)

では、この更新されているかどうかの情報が、実際のブログのページに行かなくてもまとめて分かれば便利ですよね!?

そこで登場するのがRSSです!

RSSとは「Rich Site Summary(リッチ・サイト・サマリー)」の略で、主にWebサイト(ブログ)の更新情報を公開するのに使われています。

つまり、実際のブログを見なくてもRSSの情報を取得すれば、更新されたかどうかが分かるという仕組みです。

RSSとは?

このRSSで書かれた情報を取得するには「RSSリーダー」というツールが必要になりますが、この「RSSリーダー」の便利な所は複数のWebサイト(ブログ)の更新情報を一括で管理できるという点です。

このようにRSSは、忙しい社会人にとって効率よく情報を収集することができる便利なツールなのです。

引用:PCテクニック RSSとは

…というものなんです。私はあまりピンと来ないですが(なぜならTwitterやFacebookで好きなブロガーさんの更新記事情報がわかるから)膨大な量のメルマガだとかブログの更新情報を手に入れたい方、そして時間をかけずに確認したい方には素晴らしいシステムですよね。

それにTwitterやFacebookはちょっと…と様々な理由でこれらに登録していない人にとってもありがたい機能。

また、自分のブログにファンの読者さんがついてくれたとして

「この人の新しいブログの記事が出た時はその更新情報がわかればいいな」

って読者さんが思った時、このRSSに登録してもらえていたらすぐに見ていただくことが出来るわけですよ。うん こりゃ便利だ。ぜひ私のブログにもこのようなファンがついて欲しいなぁ(*^^*)

 

ここでfeedlyの登場

そしてこのRSSの情報を見るために『リーダー』というツール(分かりやすく言えば道具)が必要なんですが、私が文頭から言っている『feedly』がそのツールの一つなんです。(リーダーにはほかにもいろいろあるみたいです。)

『feedly』に登録しておくと、PCだけではなくてお手持ちのスマートフォンやタブレットなどでも同じように更新記事を確認できるようです。これは便利ですね。

そして登録にはFacebookアカウントやTwitterアカウント、Googleアカウントも使えますので登録も簡単。

FacebookやTwitterをしていない人でもandroid版のスマホをお持ちなら(iPhoneでなければ)Googleアカウントは必ず持っておられるでしょうから大丈夫。

http://feedly.com/

ただこのサイトが英語表記なんですよ!だから悩むかもしれません。

そんなときは知りたい英文を選んでマウスで右クリック→Bingで翻訳→とすれば翻訳してくれます。

スクリーンショット 2016-01-01 22.14.59

私よりあまり詳しくないから、こちらの方の記事をご覧になってください。とても分かりやすく書かれています。

わかること!

 

そしてTwitter上に画像付きのツイートを載せる設定

これを設定するにあたってはまたカタカナ使います!

IFTTTです(イフト)

これがまた素晴らしいツールでして、「もしこういう場合はこう働いてね」という事を設定すると自動的にその作業をしてくれるという!こんな機能知らなかった!!すごいぜ!

例えば

  • ・twitterでハッシュタグ「#fb」を付けたものだけを、自動的にfacebookに投稿する!
  • ・YouTubeを見ていて「後で見る」に追加したものだけをEvernoteに自動保存する!
  • ・Instagramでハッシュタグ「#mydrop」を付けたものだけを、自動的にDropboxに保存する!
  • ・「Weather」で明日の天気が「雨」の場合にだけ、Gメールへ自動通知する!

 

などなど…。

こちらも大変お詳しい方の記事をご覧ください。

作りながら覚える「IFTTT」レシピの使い方活用講座!(全5回)

 

それで私が設定したいものをIFTTTで言うと

「この(私の)ブログが更新されたときは、画像付きでTwitterに記事をツイートしてね」

という事になるわけです。面白いなあ。

で、この私のブログを…っていう所をIFTTT側に知らせるためには先にfeedlyに私のブログを登録しておく必要があったのです、今回の場合。

最初その事がわからないから何度も失敗して赤い英文で「エラーだよ」って言われちゃって…(これまた全文英語表記です…勉強しておけばよかった…)

スクリーンショット 2016-01-01 22.30.22 (2)

この方の記事を何度も何度も見直して、ようやくわかりました。

①まずはfeedlyに自分のアカウントを設定するんや。

②そんで、そこにTwitterでツイートしたい自分のブログのURLを登録するんよ。

③そうしたら上図の赤四角のところに『http://~始まる自分のブログのURL』の後ろに『feed/』を付けてここに載せるんやで!!

そのあとはこの方のブログに従って進めば出来ます!って言うか私は出来ました。もし違うよという方がいらっしゃったら優しく教えて下さい。

 

そんなこんなで、いろいろと試行錯誤してようやく登録できたと思います。

そして登録後初の記事となるのがこの記事です!

うまく画像付きツイートになるかな?ワクワク

こゆさん
うまくいっていますように!!

こちらの記事もよかったらどうぞ

松原潤一さんのセミナーに感動!私のモチベーションが71から100に上がった話

ロイズとコラボ商品が続々!!この機会にロイズの魅力に迫ってみたよ

子どもの習い事にピアノを勧める3つの理由

 

 



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です