今年は観測しやすい!?オリオン座流星群

 

a0050_000370_m来る2015年10月22日前後にオリオン座流星群が観測できます

 

オリオン座流星群とは毎年10月後半に観測できる流星群(流れ星の集団)

オリオン座流星群は,全流星群の中で二番目に速度が速い流星群です.そのため,明るい流星が多く,有痕率も高くなっています.眼視観測では観測しやすい流星群といえるでしょう.母彗星は1P/Halley彗星です.ピークはたいへんなだらかで,10月21日付近にピークを迎えます.2006年及び2007年に通常より活発な活動が観測されています.
 電波観測において,対地速度が速い関係上,捉えられる流星数は伸び悩み,年によっては微増程度しか検出されない年もあります.ただし,2006年及び2007年はそのピークを明確に捉えています.エコー数は伸びませんが,ロングエコーが多いのは魅力的です.また,ロングエコーのピークとエコー総数のピークが異なる年も多く,流星物質の宇宙空間分布を知る上では興味深いデータが得られる流星群です.

流星電波観測国際プロジェクト

オリオン座流星群は速度が速くて、星も明るく、しっぽの残りやすいので初心者でも見やすい流星群なんですね

今年は月が夜半に姿を消すので月明かりに邪魔されずにみられそうです

観測に適した時間

観測に適しているのは

10月21日

10月22日の朝8時がピークです

10月23日

時間帯は午前12時ごろから明け方が見やすいようです

 

オリオン座流星群のみられる方角は?

オリオン座の画像

オリオン座のみられる方角、東の方から流れます

ですがあくまでもオリオン座は中心の星ですので、その方角ばかり見ていては見逃してしまいます

一番良いのはレジャーシートの上に寝転がるなどして空全体を見ると良いでしょう

 

オリオン座流星群を見る場所

やはり、街明かりに邪魔されない暗い場所がよく見えるでしょう

次に見晴らしの良い場所 建物などに邪魔されない場所があるといいです

そして高い場所 高い場所だと空に近いので、より多くの流星を確認できるかもしれません

 

用意するもの

天体望遠鏡などがなくても肉眼で見られるそうです

双眼鏡があれば使った方がよく見えそうです

 

10月の夜中と言えば寒いところでは10℃を下回ります(私の住んでいるところ、岡山県は8℃!!)都心は大体12~13℃あるようです(あくまでも目安です)

ですので、しっかり防寒対策をしてください

暖かい飲み物などがあった方がいいですね

 

お天気の方も今のところ心配ないようですし、月明かりに邪魔されずによく見られそうです

この機会に観測してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です