墓じまい これからのお墓の在り方について

 

ここ数年で墓じまいをする人が急増しているそうです 墓じまいとはお墓から遺骨を取り出し永代供養墓に入る、または取り出した遺骨を散骨するというもので、自分たちで管理する墓を手放すという考え方です 聞くとなんと無情なのだろうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そこにはいろいろな悩みを持って、墓じまいと言う決断を下さざるを得ない背景があるようです

墓じまいする理由

1.後継ぎがいない

2.後は継がないと子どもにいわれた

3.娘しかいない

4.檀家料を払わせるのはかわいそう

などなど 核家族化、少子化、晩婚化と言う社会現象がお墓事情にも大きく影響しているようです どこかで策を講じなければ無縁墓になってしまう

「後ろめたい思いがあると思うが、お墓はいつか絶えるもの 誰が悪いという事ではないという意識を持ってもらう事が大切」と墓じまいの経営者は話しておられます

さて、ではどのように墓じまいが行われるのでしょうか 簡単に載せてみました

墓じまいの流れ

墓地の管理者に連絡

↓ ↓ ↓

魂抜き 遺骨取り出しを行っていただく

↓ ↓ ↓

お墓の閉眼供養

↓ ↓ ↓

墓地解体 撤去処分 (更地にして返すことが基本)

 

この後、ずっと面倒を見てくれる永代供養してもらえるお墓に入り直す または海などに遺骨をまく散骨と言う方法があります

 

注意すること

墓じまいする事によって寺院とトラブルになるケースがあるのも事実 寺院の貴重な財源である檀家量を頂けなくなることで、墓じまいを推奨しないと言われる事があったり、場合によっては高額な離壇量を請求されるケースも多いそうです

長年付き合ってきてお世話になっているのに突然墓じまいします、と言われても寺院も困惑してしまうのは確かですよね ですから後継ぎがいないのであればその事を少しづつ話をして行くなどの段階を踏む等、考慮が必要だと思います

また、親族に言わずに勝手に墓じまいをしてしまい、トラブルになるケースも多いのだそう ちゃんとした話し合いをする事が大切ですね 疎遠になっている親族にも書面等で報告をしたいものです

 

実は我が実家も墓じまいではないのですが、大小20以上あったと思われる墓を合祀墓にしました

やはり今の時代、子どもの代になって管理することが困難であろうと考えたからです

少し寂しい気もしますが、無縁墓となって悲しく朽ちていってしまうことを考えれば、墓じまいという選択もいいのではないかと思います

先祖を思う気持ちはお墓が実在する・しないに関係ないのではないかと私は思っているのです

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です