自分史 書くことで新たな自分が見つかるかも?

 

番組で特集されるなどして、話題になっている自分史 自分史を書くことで様々なメリットがあるようです

メリット

1.自分をよく知ることが出来る

自分の事はよく知っているようでも意外と知らないことが多いもの 自分が経験してきたことを書いてみることで客観的に見つめることが出来、自己認識が出来るようになります 自分の思考パターンや行動パターンが把握できるようになれば自分にとってどういう生き方が良いのかを判断しやすくなります

2.夢や目標・生きがいを見つけることが出来る

過去を振り返ることで自分のスキだったこと、やりたかったことが見えてきて、そこから今後の目標や夢を見つけ目標にすることが出来ます

3.脳を活性化できる

自分史をまとめるために過去を思い出し、それを表現し、まとめるという作業を行う中で脳をいっぱい使って刺激するようになります 自分史を書くことは認知症予防にも大変効果があるとされています

などなどいろいろなメリットがあるようです

なんと、大学生の就活にも自分史作りを進めているようです 自分の人生で学んだことを振り返ることで自分の価値観を具体化して本当に自分に合う会社を見つけることが出来るという利点があるそうです

どの様に書けばいいの?と思いますよね 一例をあげますと

1.自分の年表を作る

2.年表にメモを入れていく

3.メモからテーマを作っていく

4.メモを膨らませてつなげていく

 

 

年表を作るにはダウンロード出来るものもあります  私は誕生から幼少期 少年期 思春期 青年期 実年期 熟年期 老年期というように表に分かれていて、それぞれに行っていたこと…例えば学校行事、習い事、好きだった科目、表彰歴などを書き込んでいくというものを見つけましたが、そのほかにも年表創造コミュニティ『Histry』と言うサイトもあり、作りやすい仕組みになっているみたいです こちらのサイトには日本の出来事や、ヒット曲、流行語、社会現象なども入れられる機能があるので充実した年表が出来そうですね

自分史年表の骨格は『履歴書+個人生活史+家族史』みたいなものだそうです 履歴書に色を付ける感じなのかな?それならあまり肩肘はらずに取り掛かれそうですね

 

また自分史を本にしてくれるサービスもあります プロが執筆してくれる本格的なものから、自分で編集を行うお手軽なコースまでさまざま

本ならではの家族や後世に残せるという利点がありますよね また父母の記録をつづって還暦祝い、喜寿米寿などにプレゼントするという方も多いのだそうです

 

実際に作ってみられた方の話で「自分を振り返ることで今後の目標が出来た」「自分にはどのようなことが向いているのか再確認できた」というような声が多く挙がっているようです

歳を重ねてから作成もいいですが、思い立った今から少しづつとりかかってみるのもいいかもしれませんね

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です