お風呂に入ると全身が痒くなるのはなぜ?

 

お風呂に入ると全身が痒くなってしまう…

実は私の体験談です それもここ最近の症状…

ぬるめのお風呂ではそうでもないのですが、少しでも熱いお風呂に入ると、入った直後から太もも,腹、背中などがどんどん赤くなり、痒くなってきます

温泉も気持ちよさより、痒さの方が先に立ってしまって楽しめなくて残念なことも

 

それはもしかしたら『温熱じんましん』の症状かもしれません

温熱じんましんとは?

温水や温風のような温かい刺激を受けるとできるじんましんです 気温の低いところから高いところ移動して体が温まると発疹が出来るものです

その症状

痒みと赤み 特に温度変化を感じ取りやすい太ももやひじひざ周辺にヒスタミンという物質が集中していてその結果、皮膚に赤みを帯びたふくらみが出来ます 赤くなったところは熱を持ち、その温度はなんと40~50℃にもなるという事です

症状の緩和としては

お風呂ならぬるめのお湯にする

冷やしたタオルで幹部を冷やす 

厚着を避ける 

保湿剤を使って保湿する

ストーブや温風ヒーターなどでも症状が出るそうですので、なるべく近づきすぎないようにすることも大切です

 

皮膚科の受診を

皮膚科では抗ヒスタミン剤を内服,注射,軟こうなどで処方、治療してくれます 自然に治癒することもあるようですが悪化する場合も…

時間はかかりますが治るそうなので、まずは皮膚科の受診を…

 

感想

自身が悩まされていたことにはちゃんと名まえがつくような症状だったんだな、と改めて思いました ちゃんと対処をすれば改善・完治出来るものだと知り、ほっとしました

まずは皮膚科ですねで

でもなかなか行けないので、とりあえずはぬるお風呂に入ることや保湿を心がけるなど、できる事からやってみようと思います

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です