ノロウイルスが変異 ヒトが免疫を持たない新たなウイルスへ

 

ノロウイルス染力が非常に強いことで知られているノロウイルスがこのほど変異してヒトが免疫を持たない新たなウイルスとなり感染を広げているようです

そしてこれから秋以降 大流行の恐れがあるというのです

 

その症状は

激しい嘔吐と下痢をもたらす胃腸炎で、感染力が大変強いのが特徴

ワクチンや特効薬はなく脱水を起こさないように水分補給をする対症療法を行うほかありません

通常は数日で回復しますが、乳幼児や高齢者は脱水を起こし入院して点滴をしなければならないことも多いです

また、吐いたものをのどに詰まらせて窒息死するケースもあるので気を付けなければなりません

何と一昨年はノロウイルスにより2569名もの方が亡くなっているのです

潜伏期間は24時間~48時間

感染の経路はほとんど経口感染 老人ホームや保育園などの施設では患者のノロウイルスが大量に含まれる嘔吐物や糞便がヒトの手を介して感染する二次感染が多い 集団感染に注意が必要

 

予防するには 

アルコールでは十分な効果がありません 一番効果的なのは石鹸と流水で手を洗う事

またウイルスは熱に弱いので、調理時にはしっかり加熱して食べることも効果的です

嘔吐物の処理には『次亜塩酸ナトリウム』(家庭用の塩素系漂白剤でもOK)を使用の事

(非常に強い薬剤ですし、色落ちなどもありますので使用には十分気を付けてください)

 

私は以前職場でかかったことがありますが、本当に苦しくて体を前にかがめていないと立っていられないほどでした

仕事が休めなかったので点滴をしてもらい、2・3日で回復しましたが、あの時の苦しみを思うともう二度とかかりたくない病気の一つです

 

みなさんもこれからの流行に備えましょう

ノロウイルスに対する知識を持っているだけでも随分違うと思います

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です