2015/09/22

NHKの昔話法廷が面白くて勉強になる

 

NHK教育の番組にひときわ興味を引く番組があります

それが昔話法廷です

昔話法廷 1昔話法廷

この番組は誰もがよく知っている昔話を題材に、裁判を行い有罪かどうかを視聴者に問うというものなのです

 

裁判という固い内容をなじみのある昔話を用いて展開していくため、とても面白くて、いったん見始めたら目が離せません

放映時間も15分と集中してみるのにはちょうどいい時間でそれもポイントです

今まで

第一話『三匹のこぶた』

第二話『カチカチ山』

第三話『白雪姫』

と放映されていますが、どの論点も情景が浮かぶので推測しやすくて入りやすいです

 

例えば第二話の『カチカチ山』です

被告人〔裁かれる人)はウサギ タヌキを殺そうとした罪です

争点となるのはウサギが犯したとされる罪

ウサギは大好きなおばあさんを殺したタヌキにかたき討ちしようとしてタヌキの背負った薪に火をつけ

さらにやけどを負ったタヌキの背中にトウガラシ味噌を塗り泥船に乗せて池に沈めようとしたというもの

 

ウサギの弁護人は同情の余地があるとして執行猶予を求めますが検察側は行き過ぎた犯行として殺人未遂罪としたいというもの

 

殺人未遂になるのか執行猶予になるのか

 

そのあとも証人尋問としておじいさんが出てきて自分がウサギを監督するから執行猶予でいいと言ったりタヌキも呼ばれて話をしたり…

裁判はどんどんヒートアップしていきます

 

そして気になるこの判決なのですが

なんと番組では解決しません

その先は視聴者に委ねられるのです

 

自分ならどう判決を下すか

私だったらウサギは執行猶予でいいのではないかと思うのですが…

おすすめとしては友達と観てお互いの判決について話し合うのがいいかもしれませんね

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です