お盆について 知っているようで知らなかった事

 

墓もうすぐお盆が近づいてきますね

そもそもお盆ってなんでしょう?

うっすらとは理解できている気がするのですが、実ははっきりとしたことはよくわかっていない、そんな方も少なくはないのではないでしょうか?

今回はそんなお盆について取り上げてみました

 

 

お盆とは?

お盆とは祖先の霊を供養する行事で、お盆の時期には祖先が子孫や家族のもとに戻ってくるとされ、お盆の入りには迎え火でお迎えし、お盆明けには送り火で送るものです

また、人がなくなって49日法要後に最初に迎えるお盆の事を初盆(はつぼん)または新盆と呼ばれ、亡くなった人が仏となって初めて里帰りをするので玄関や窓際に提灯を飾って迎える風習があります

お盆とはいつ?

8月のお盆とは実は『月遅れ』のお盆です

実際は7月15日と中心に行われるのですが、旧暦で考えられ、8月の13日から4日間を指す事が多いです(地域によっては違いますが全国的にはそう言われています)

何をすればいいの?

8月13日の夕方迎え火を焚いてご先祖をお迎えし(迎え火は玄関や庭でオガラを燃やす 最近では迎え火に見立てた提灯で済ませることが多い)

8月16日の夕方(地方によっては8月15日の夕方)に送り火を焚いてご先祖を送る(送り火も迎え火と同様にオガラを燃やす)

迎え火の時はあんこの団子をお供えして迎え(迎え団子)、送り火の時は白い団子をお供えして送る(送り団子)とも言われています

 

キュウリとなすびを牛と馬に見立てた精霊馬を飾るところもある

キュウリは馬に見立て少しでも早く迎えられるようにと表現されています

なすびは牛に見立て帰るときはのんびりと帰っていただこうというように表現されています

 

お盆休み

8月15日あたりが平日であっても休日になる場合が多く、児童生徒・学生は夏休み期間中であるので国民的な休暇としての側面も持っています

ですので、お盆に多くの人がはお墓参りをしたりお盆の行事に参加したりています

 

 

お盆はご先祖様を迎えて数日間一緒に過ごすことが出来る貴重な期間だという事がわかりました

お仕事の都合などでお盆に休みの取れない方も多いとは思います

もし出来るならご先祖様を迎える時は集まれる親族で賑やかにお迎えし、お送りできたらご先祖様も喜ばれるのだろうな、と思いました

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です