挑戦してみたい 山登り

 

山登りっていいことありそう!

健康維持のためにウォーキングをしたりジョギングをしたりしている方は多いと思います かくいう私もその一人です 40歳近くなると明らかな体力の衰えを感じる人は多いのではないでしょうか?そのうえ、新陳代謝もわるくなり、痩せにくくなる

山登りには前から興味あったのですが、実際にはまだ近所の山しか登ったことがありません

けれどあるテレビ番組を観て「わっ!やっぱり登山っていいんだ」「登りたい!」という思いが強くなりました この番組はいろいろなことを科学で実証する番組なんですが、山登りについても科学的にいいと証明されていました

どの様に科学的に証明されたかは、以下の通りです

↓ ↓ ↓

★山登りのここがいい★

☆ゴールが見える、ややきつい運動である

会話をする事が出来るくらいのややきつい運動が筋肉と心肺機能を鍛えるそうです 高血圧・糖尿病・肥満などの生活習慣病の予防の効果があるらしい  また最近では認知症・うつ病にも効果があることがわかったようです

それともう一つ大切なことが、頂上を目指すという明確な目標があることなんだそうです 平地でのややきつい運動と言えばジョギングですが、ゴールを自分で決めなくてはいけないので、モチベーションを維持することは、結構難しいのだそう

確かに、私はミニマラソンに参加することがあるのですが練習のためのジョギングは、なかなかやる気が出ないものです

その点山登りはゴールがわかっているから、続けやすいのですね 飽きっぽい私にはぴったりです

☆下りが大事って?

山登りは登るのですから当然下らなければならないのですが、この下りこそが筋肉を成長させるためには重要なんだそうです

下りの時に足にかかる衝撃は登りの時の約2倍 そのため筋肉が損傷しやすいのだそうです 筋肉が損傷するとまた形成されます その事によって筋肉が太く、たくましくなるんだそうです 筋肉量が増えると代謝もよくなる‼一石二鳥ですね

わたしも数少ない登山経験から言わせていただくと、下山は本当にきつかった 足ががくがくってなるんです しかもその痛みは翌日まで続きます 今思えば、あのときに筋肉を作っていたんだろうなあ ありがたい痛みでした

☆夫婦で登山 夫婦仲がよくなる!?

番組では結婚19年目の夫婦が一緒に登山をすると、どのような結果をもたらすかという検証がなされていました これは私にとってとても興味深い話でした 結婚15年目ともなると夫婦の会話も少なくなるし、接触することもなくなりまして…

まず、実生活で夫婦の会話時間、接触時間、笑顔の回数、そして妻の夫へ対する評価という項目が数字で表されます

普段の生活2時間中に会話をした時間が13分54秒(「ごはんできたよ」「ん」みたいな会話 TVがついていればなおさら会話なんてしないですよね)

接触の回数 0回(接触は、ないない(笑))

笑顔の回数 4回(4回あるだけでも優秀(・_・;))

夫への評価 星5つ中 3.5(これでも高評価ではないかしら(笑))

これが登山を一緒にすると同じ二時間でも

会話時間 69分27秒!!(これは素晴らしい 二人同じ思いを共有するからこそ生まれる会話量ですね)

接触の回数 7回!(夫が妻に手を差し伸べたり支えたりしていました)

笑顔の回数 32回(これも素晴らしい数字 いい会話が増えると笑顔も増えるのですね)

そして夫への評価 星5つ中 5つ!(おぉ~!)

 

非日常の体験の中でお互いが同じ目標を目指すという連帯感と、やり遂げたという達成感を味わえることが大きいという事でした

これは是非我が家でも取り入れねば!と思っている今日この頃です

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です