健康だけでなく学力向上にも!? 『だいずデイズ』を使った味噌汁を朝食におススメする4つの理由とは?

 

こんにちは こゆ(@Powdersnow32)です。

今回はだいずデイズ
を使ったおススメ味噌汁をご紹介します。

味噌汁のイラスト

味噌汁に大豆?と思われるかもしれませんが、これがとてもおいしくて健康にも脳にもいいのです。

おススメは子どもたちへの朝ごはん!それはどうしてなのでしょう?

ぜひ読んでみてください

それではいってみましょう♪

 

大豆のおさらい

 

そもそも大豆って何がいいの健康にどう効果があるの?というところからお話しします。

大豆は野菜なのですが、肉や魚、卵と同じたんぱく質が主成分であるという事はご存知の方も多いと思います。

乾燥大豆100ℊ中の栄養成分はこちらです。

大豆(乾燥)100g中の栄養成分

 

『畑のお肉』といわれる大豆ですが、それは大豆にはお肉に負けずとも劣らない量のたんぱく質が入っているからなのです。

たんぱく質はヒトの筋肉や体の組織を作っている成分です。そして生命維持にはたいへん不可欠なものです。

元気な女性のイラスト

栄養価の高い良質なたんぱく質とは必須アミノ酸を含んでいることが条件ですが、肉や卵と同様、大豆は植物性たんぱく質の中でも『良質なタンパク質』だといわれています。

※必須アミノ酸はヒトの体では作ることができない8種類のアミノ酸です。そして大豆には必須アミノ酸が豊富に入っています。

 

大豆のたんぱく質の何が素晴らしいかといえばその消化吸収率!

納豆…91%

豆腐…95% という事で、とても効率の良い食品であるといえます。

 

がん予防効果がある大豆

 

こちらはアメリカの政府が発表したがん予防に効果があると考えられる食品(デザイナーフーズ)の図ですが、大豆最も有効とされる野菜の中に入っています。そのことからも大豆は毎日取り入れたい食品であると想像ができますね。

※デザイナーフーズ…天然の植物中に存在するがん抑制作用のある成分を含んで、なおかつがん予防効果が発揮できるようにデザインされた食品のことをいいます。

 

デザイナーフーズ

     アメリカ国立ガン研究所「デザイナーフーズ」より

 

一日にどれだけ摂取すれば効果的?

 

そんな優秀な食品の大豆(豆製品)ですが、一日の摂取量は100gを目標に摂取しましょうという言われています。

下記は大豆食品に含まれる大豆イソフラボンの含有量の表です。

 

食品名 平均含有量
大豆 140.4 mg
きな粉 266.2 mg
豆腐 20.3 mg
凍り豆腐 88.5 mg
油揚げ 39.2 mg
納豆 73.5 mg
おから 10.5 mg
味噌 49.7 mg
醤油 0.9 mg
豆乳 24.8 mg

※イソフラボン平均含有量は、食品100g当たりに含まれる平均値を示しています。

 

イソフラボンの過剰摂取はよくないといわれている!?

 

イソフラボンを過剰に摂取すると健康被害が出ることが報告されていますが、通常の食事の中で大豆食品を摂取する場合はそれほど気にしなくてもいいです。

イソフラボンを強化したサプリメントなどの過剰服用は注意が必要です

引用:イソフラボン含有量 フジッコ

 

ここで本題

 

おいしくしっかり大豆食品を摂りたい!

 

おススメは朝の味噌汁です!味噌汁は体にいいとはよく言われますが、どうしてなのでしょう?

 

朝に味噌汁のメリット

 

  1. 体が温まる
    腸を温め、体を起こしてくれるので、朝飲むことはとてもいいのです。
  2. ご飯+味噌汁のコンビは最高に相性抜群
    ご飯の炭水化物に味噌汁のたんぱく質の組み合わせは栄養面でもばっちりなのだそうです。
    それは味噌(大豆)に含まれているアミノ酸が、ご飯だけでは足りない栄養を補ってくれるからなのです。
  3. 朝の味噌汁は毒だし効果がある
    味噌の中に含まれるサポニン(体の老化を防いでくれる成分としても有名)やレシチン(大豆レシチンは細胞膜を作る重要な成分です。若返り効果もあり)という物質には、体内の余分な脂肪を溶かす働きがあるとされています。また、大豆に多く含まれる食物繊維は腸の掃除をしてくれます。しかも、味噌には私たちの体を構成するたんぱく質が豊富に含まれています。
  4. 朝ごはんで学力向上
    これは以前、陰山英男氏が講演でおっしゃっていたことなのですが、朝食で食べる食品の多さと学力が比例するというもの。
    朝、1~3品しか食べていない子どもと朝から9~13品目食べて登校してくる子どもの学力を調べた結果、朝からたくさんの食品を食べている子どものほうが学力が高いという報告をされていました。もちろん朝からそんなにたくさんの食品を用意できないと思いますが、みそ汁ならどうでしょう?具材を入れることで簡単に朝からたくさんの食品が摂取できますね。

 

という事でさっそく作ってみた

DSCF7192

 

味噌汁ですので、ご家庭の味があると思います。私がお伝えするまでもないですがわがやみそ汁のポイントを少し入れてみました。

 

材料(4人分)

 

みそ汁の具…大体冷蔵庫にあるもの、畑にあるもので作ります。今回の具はこちら↓ ↓ ↓

DSCF7053

  • 大豆だいずデイズ(上の写真)を一袋使いました。
  • キャベツ…春キャベツです。おじいちゃんの畑からもらいました。
  • 豆腐(きぬ)…たまたまあったものがきぬ豆腐でした。木綿のほうが大豆がそのまま残っているので栄養的にはいいです。
  • しいたけ…こちらもじいちゃんにもらいました。
  • ネギ…ピアノの先生にもらった白ネギ
  • 味噌(麦みそ)…麦みそが甘くて好きです(生協で買っています)
  • 鰹節…味噌汁に入れると出汁も出るし、そのまま食べてもおいしいのでおすすめですよ(^^♪
  • めんつゆ…味を調えるために仕上げに少し入れます。

 

ほら!これだけで8品目摂れますよ~ 本当に味噌汁ってすごい

味もいいし、満足感も得られます。朝の味噌汁!おススメです。

 

まとめ

 

私は味噌汁がそれほど好きではなかったのですが、年を重ねると体が欲するというかそんな感覚です。

また、フルタイムで仕事をしていると、毎日栄養バランスを考えた料理を作るのはなかなか難しいです。
私の帰宅が遅い時などはだんなさんや子どもたちが作ってくれますが、どうしても簡単に作れるカレーライスや焼きそばといったものになりがちです。

ですので私は時間のある時にたくさん味噌汁を作っておきます。その時は具をたくさん入れて…。

栄養面から言っても、腹持ちで考えても大豆は素晴らしい食材だと思います。

さらに『だいずデイズ』は蒸し大豆ですので、水煮に比べると栄養価がとても高いので本当におススメです。

だいずデイズ

 

『だいずデイズ』の栄養成分を詳しく書いてあります↓

今からでも間に合う!女性らしさを『大豆デイズ』で手に入れるべき理由とは?

 

ぜひ試してみてくださいね。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です