2016/10/20

津山から日帰りで行く、大阪のサムハラ神社とパワースポット巡り

 

こんにちは こゆです。
以前書いた『パワースポット好き必見!岡山県津山市のサムハラ神社は効果絶大らしい記事が、結構反響をいただいて『サムハラの記事、読んだよ~』など声をかけていただくことも増えました。うれしい限りです。

そして、私や周りの皆さんの興味は『じゃあ大阪のサムハラ神社ってどんなところなの?』ということに集まってきました。そこで、大阪のサムハラ神社に行ってみよう!ということになりました。

 

それで、せっかく行くなら大阪のほかのパワースポットにも行ってみたいと思い調べてみることにしました。

題して

津山から日帰りで行く、大阪のサムハラ神社とパワースポット巡り

 

この旅行の目的…加茂町民として敬意をもって大阪のサムハラ神社を参拝する。そのほかの大阪のパワースポットに訪れる。

メンバー…私(記事UPのために参戦!)

     私の夫(ただの運転手要員)

     Rちゃん(私の友達 今回の発起人 スピリチュアル好き)

     Rちゃんのだんな様(一番サムハラ神社について調べ、詳しく語れるお方)

     Hちゃん(私の友人 スピリチュアル大大大好き 指輪型お守りを欲しがっている)

旅行の交通手段…自家用車(ノア)

という男女5人春物語です。(子どもたちはそれぞれお留守番)

 

ということで、車で行くことができる、大阪のサムハラ神社周辺のパワースポットを調べてみました。

 

まずは一番の目的地、サムハラ神社

 

1SAMU

住所: 〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2丁目5−26
電話:06-6538-2251

 

 

概要

祭神は天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神であり、〓は三神の総称である。奥の院が美作加茂(岡山県津山市)にある。

1935年(昭和10年)に田中富三郎が出身地の岡山県苫田郡西加茂村(現・津山市加茂町)にて旧い小さなほこらの荒廃を嘆き再興したのが本社の起源。しかし翌年岡山県特高課から無許可神社で商品広告しているとして自主撤去を求められ、〓信光会は11月27日に解消し、撤去を行った。戦後ほこらは再建され、神社は大阪中之島の豊国神社隣接地に自費で建立。1961年(昭和36年)に現在地へ移築遷宮された。隣接地に大阪府警察の機動警ら隊がいる。

 

建立者

 

田中富三郎。1868年(明治元年)3月3日に美作加茂で生まれる。万年筆業界の先駆者で「田中大元堂」を経営。加茂西小学校に図書館を建設、奨学資金を贈るなど児童育成に貢献紺綬褒章を授与される。

〓大神をあつく信仰していたため日清戦争と日露戦争で数々の危難をまぬがれ、〓大神の霊徳を世の人々に分かつため私財で〓神社を建立。神前扉材は伊勢神宮より賜った。戦時中に兵士にお守りを贈る活動をしていたが、戦後も小判の形のお守りを自費で作成し無料で人々に配布していた。多くの要人にも贈呈をした。

90歳までは自転車を乗り回すことも平易だった。97歳の時でも壮健であり自らを青年と称した。「信仰は万益有って一害なし」と常に提唱。毎朝参拝を欠かしたことはなかった。1967年(昭和42年)12月3日逝去。享年100。〓神社境内に胸像がある。宮司は養子が継いだ。

引用:ウィキペディア

この田中富三郎さんという方が生まれたのが、現在『サムハラ神社』の奥の院のある岡山県津山市加茂町というところです。

岡山の奥の院の記事についてはこちらをご覧ください。

パワースポット好き必見!岡山県津山市のサムハラ神社は効果絶大らしい

この記事を書いた後、ブログを見てく出さった加茂町のご年配の方のお話を聴くことができました。

田中富三郎さんから色鉛筆やら絵具セットなどをいただいたことがあるという方の話でした。田中富三郎さんはより貧しい人から文具を提供していったそうです。今でも田中富三郎さんに感謝している、という事でした。本当に素晴らしい功績を残されたのですね!

サムハラの字と指輪型のお守り

 

サムハラ神社の『サムハラ』という神字に強いパワーがあるとされています。この神字のおかげで難を逃れた方がたくさんいらっしゃるのだとか…。

 

大阪のサムハラ神社にはそんな難を逃れた方々のパネルが掲げられているそうです。

パネル

引用:トラベル.jp

 

そして変わったお守り『指輪の形のお守り』があることでも有名です。指輪の裏に『サムハラ』の神字が彫ってあるらしい。

 

 

この指輪は入手困難だそうですが、今回手に入るといいなあと思います。

駐車場情報

こちらは都会のど真ん中にあるようで、専用の駐車場がないみたいです。

コインパーキングに停め少なくても100mくらいは歩くみたいですね。

リパーク立売堀2丁目(サムハラ神社から一番近く(74m) 値段も安い 台数も35台停められる)

料金

平日
08:00-20:00 20分 300円
平日
20:00-08:00 60分 100円
日祝
08:00-20:00 60分 200円
日祝
20:00-08:00 60分 100円

 

 

大阪天満宮

大阪天満宮

〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2丁目1番8号
電話: 06-6353-0025

大阪天満宮について

 

大阪駅のほど近くにある天満というエリアに鎮座する「大阪天満宮」。「てんまのてんじんさん」との呼び名で親しまれている。

創建は天暦3年(949)。社伝によると、昌泰4年(901)当時、右大臣をつとめた菅原道真(845-903)は朝廷の権力闘争に敗れ、太宰府へ左遷される途中、現在の天満宮の境内にある大将軍社に立ち寄って参拝した。道真の死後、そこに光り輝く松が生えたという話を村上天皇が聞いたため、大将軍社へ道真を祀ったのが始まりとされる。その後は、天満地域を守る氏神として、学問・芸能の神様として地域の人々や大阪商人たちの心のよりどころとなり、現在に至る。

 

学問の神様 菅原道真公が祀られている

 

言わずと知れた学問の神様、菅原道真公が祀られている大阪天満宮。
受験などの合格祈願に訪れる方が多くいらっしゃいます。

実は私たち5人の共通点は受験生の親という事!

ここは外すわけにはいきません!
また境内には、「天神さんのお使い」といわれる牛の象があり、撫でると頭がよくなると言われています。

 

多くの人に頭を撫でられるため、頭だけ金ぴかになっています。

 

何だか愛嬌のあるお顔…♡

 

 

梅の時期には梅が咲き誇る

 

 

梅の名所としても有名な大阪天満宮。春には梅が咲き誇ります。

梅を愛した菅原道真公にちなんで毎年2月に『天満天神梅酒大会』というものが催されるそう。その時期に訪れてみたいものですね。

大阪天満宮は、大阪の活気や、天神さんへの愛が詰まったパワースポットなのだそうです。

 

駐車場情報

 

大阪天満宮境内に30台ほどの無料駐車場があるそうです。門をくぐっていくことになるようで大変わかりづらい&入りづらいようです。看板は出ているそうです。大阪天満宮の正面 横べりにあるそうです。

もしこちらに停められなくても、周辺にはコインパーキングが多数あります。

 

 

住吉大社

 

DSCF7117
〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2−9−89
電話: 06-6672-0753

御祭神の由緒

 

「日本書紀」や「古事記」の神代の巻での言い伝え
伊邪那岐命 (いざなぎのみこと) は、火神の出産で亡くなられた妻・伊邪那美命 (いざなみのみこと) を追い求め、黄泉の国(死者の世界)に行きますが、妻を連れて戻ってくるという望みを達することができず、逆にケガレを受けてしまいます。そのケガレを清めるために海に入って禊祓いしたとき、住吉大神である底筒男命 (そこつつのおのみこと) 、中筒男命 (なかつつのおのみこと) 、表筒男命 (うわつつのおのみこと) が生まれました。

御鎮座の由緒
第十四代仲哀天皇の妃である神功皇后 (じんぐうこうごう) の新羅遠征(三韓遠征)と深い関わりを持っております。神功皇后は、住吉大神のお力をいただき、たちまち強大な新羅を平定せられ、無事ご帰還を果たされます。この凱旋の途中、住吉大神のお告げによって、この住吉の地に祀られることになりました。
*御鎮座とは、神さまの土地を定めて、お祀りすることです。

引用:住吉大社ホームページ

 

ドラマ『マッサン』にも登場 有名なパワースポット

 

住吉大社は、古くから大阪で愛される歴史の長い神社で、強力なパワースポットでもあります。景観も伊勢神宮に劣らない素晴らしい建造物だとか…。楽しみ!
近年ではNHKドラマ「マッサン」にも登場しました。

 

おもかるいしで願いが叶う?

DSCF7148

おもかるいしは、住吉大社から150mほど外にでた所にある末社、「おいとしぼし社」にある霊石です。

この石をはじめそのまま持ち上げ重さを確認し、石に触れながら願いを込める。そのあともう一度持ち上げてみて、軽いと感じたら願いが叶う重いと感じたらまだまだ努力が必要なのだそうです。

試してみたいです。

 

五大力さん

 

住吉大社の第一本宮の南側に「五所御前」という場所があるのですが、こここそ御祭神の住吉大神が降臨した地とされているんです!すごくパワーがありそうですね。

ここにも面白いお守りがあるのです。

それは垣内の玉砂利から「五」「大」「力」と書かれた3つの小石を探して、それをお守りにするというもの。

 

沢山の石の中から探す。

DSCF7131

見つかった!

DSCF7133

 

 

その3つの石を入れる専用のお守り袋が売られているそうです。(一つ300円)

願いが叶ったら、お礼参りに来るのがしきたり

こちらのお礼参りはまたユニーク。

倍返しということで、自分宅の近所にある小石に「五」「大」「力」の文字を入れたものを自分が住吉大社で拾ったものとともに返すのだそうです。

駐車場情報

有料駐車場があります。200台駐車可。

普通車は1時間200円。大型車は1時間500円。その後30分につき100円加算。

 

大阪城と豊國神社

 

最後にご紹介するのは大阪城と隣接する豊國神社(ほうこくじんじゃ)です。

人によってはこちらが大阪一のパワースポットだという方も…。

DSCF7158

 


〒540-0002 大阪府大阪市 中央区大阪城2−1

電話: 06-6941-0229

 

豊國神社の由緒

豊國神社は明治12年に豊臣秀吉、秀吉の息子の秀頼、秀吉の弟の秀長を祀る神社として建立されました。
建立から2度程移転があり、昭和36年に現在の場所に落ち着きました。
そもそもその成り立ちは、明治元年に明治天皇が大阪に行幸した際に、太閤秀吉の国に対する忠義を讃えて豊國神社を再興するようにと命じた事から始まりました。
元々は京都阿弥陀が峰に豊国社があったのですが、一度徳川幕府によって取り潰されていたものを再興したのです。

 

大阪城といえば太閤豊臣秀吉。

この豊國神社には豊臣秀吉、豊臣秀頼、豊臣秀長という有名な豊臣家を祀っているのです。

そのため、ご利益は出世&開運!

 

見どころまだまだ

豊臣秀吉公の銅像

 

鳥居のそばに据えられた銅像は、文化功労賞を受賞した中村晋也氏によるもので全長5.2m、像が3.2m、台座の高さが2mという立派な銅像です。

DSCF7154

 

秀石庭

 

DSCF7160

秀石庭は、昭和47年に京都林泉協会の創立四十周年記念事業として奉納された物です。
大阪の発展の要である海と、大阪城の地の元の呼び名である石山をテーマとして作られています。
神社が巨石信仰を元とする事も加味して秀吉の千成瓢箪の形と巨石を組み合わされて表現されているという事です。

お城の方にも行ってみたいです。

駐車場情報(豊國神社HPより)

【お車でお越しの方へのお願い】

豊國神社への自動車での入退は、午前9時~午後5時までとなっております。

ゲートにて受話器をお取りいただき、ボタンを押して

担当者に「豊國神社へ参拝に行きます。」とお伝えください。

お車を駐車の際には、必ず当神社の社務所まで駐車の旨をお伝えください

当神社への駐車及び停車は、ご参拝並びに結婚式、ご祈祷、神社に関係する事項のみとなります。

大阪城への観光及び周辺施設等をご利用の場合は、大阪城の一般駐車場をご利用ください。

※当神社に関係のないお車の駐車や停車は、出来ませんのでご了承ください。

※滞在時間以外のお車の駐車・停車は出来ませんのでご了承ください。

※無断駐車は固くお断り致します。

【駐車場入口警備員(玉造入口)に関しまして】
駐車場入口(玉造口)警備員(本町通りに面した箇所の警備員)に関しましては当神社と一切関係は御座いません。
管轄は大阪城パークセンターとなりますのでそちらへご連絡ください。
お電話 大阪城パークセンター 06-6755-4146

 

大阪城の駐車場

 

大阪城駐車場森ノ宮駐車場があり、どちらも料金は同じです。

午前8時~午後10時 1時間ごとに¥350

午後10時~午前8時 1時間までごとに¥150 

他にもコインパーキングがありますが、距離的にもお値段的にもこの2つがおすすめだそうです。

 

まとめ

 

…まだまだ大阪にはいろんなパワースポットがありますが、日帰りということを考慮し、私の好みで記事を書いてみました。

男女5人春物語…胡散臭いドラマみたいですが、どうなることやら(笑)

 

また行ってきた感想も書いていきたいと思います。

地図です。

スクリーンショット 2016-03-26 23.40.19

ブログランキングに参加中ですポチっと押していただけると励みになります


パワースポット ブログランキングへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. 西村照子 より:

    サムハラ神社の続編、楽しみにしてるね!
    加茂から来たと言ったら、神社の方に喜んでもらえるよ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です