蚊に刺される3つの原因

 

暑い夏にとても厄介なのが虫刺されですよね

痒いし、羽音で睡眠を妨げるし本当に嫌です しかもへたをすればとびひになってしまうという悲しさ

蚊に刺される原因があるという事をTVで放映していたので、興味津々で見てしまいました

その原因とは

ニオイ

温度

 

まずですが、これは黒っぽい色に反応するという習性を持っているからだそうです 黒い服や赤い服など濃い色の服を着るときは要注意

また、日焼けで肌が黒くなっている人も刺されやすいです

 

次にニオイ 蚊はニオイに反応してやってくると言われています 特に好むニオイが足のニオイなんだそうです 足のニオイは『イソ吉草酸』という物質が原因 汗や角質が分解されてできる物質なんだそう

ちなみに『イソ吉草酸』は納豆のニオイを生み出している物質にも含まれる成分なんだそうです 納得ですね~

 

そして温度 蚊は暖かいものによって来る性質があるそうです だから室内にいるときなどはTV を付けると蚊がTVの方に行ってくれるという利点もあるのだそう (プラズマTVだとおよそ40℃近くにまでそるそうです)

 

またストレスがない人も蚊に刺されやすいのだそうです

蚊は人間が発するストレスの原因になっている物質が嫌いなのだそう

最近蚊に刺されなくなったという人はストレスを感じるようになったということかもしれませんね

 

他にもO型の血液型の人・汗をかきやすい人・妊婦さんは刺されやすいみたいです

これらの原因を理解し、服装に気を付けたり、こまめにニオイの原因を取り除いたり 虫よけ剤を活用したりしていきましょう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です