みなさん健康な体を維持するためにどんなことをしていますか?

運動?食事制限?サプリメントの服用?

いろいろな方法はありますが実際どれがいいのかな?とかちゃんと聞いているんだろうか?という部分はあいまいなことが多いようですね。
今回は健康に生活するためには知っておきたい活性酸素についてお話をまとめてみました。

 

知らないと怖い!?活性酸素の話

体が不調になる原因の一つに活性酸素というものがあります。聞いたことあるなと思う方も多いかもしれません。
『活性酸素は悪者』という意識が強いのではないかと思うのですが、もともと活性酸素は悪者ではないのです。

適量であれば、活性酸素は必ずしも身体にとって悪いものではありません。なぜなら活性酸素はばい菌や細菌から細胞をガードする役割を果たしてくれているからです。

身体を守るため、人間の体内では日頃から活性酸素が作られています。呼吸によって取り入れた酸素のうちの約2%が活性酸素になるのだそうです。

煙草にしろ紫外線にしろ、体に有害なものが入ってきたときに活性酸素は増えて体を守ろうとしているのです。

しかし増えすぎると厄介なのも事実。

活性酸素はとても強力な力で細菌やウイルスを退治してくれるのですが、必要以上に増えてしまうと健康な細胞まで酸化してしまう(=錆が来る)ため、老化の引き金となるのです。昨今老化=酸化ともいわれています。

切ったリンゴが赤茶けてくるように、体の細胞から錆びてくる「酸化現象」

引用:サントリー健康情報レポート

 

 

活性酸素が引き起こす体のトラブル

活性酸素は万病のもとと言われるくらい様々な病気疾患を引き起こすといわれています。

引用:ザンゴジャパン

〇過酸化脂質(コレステロールがが酸化するとできる物質のこと) 〇動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞
〇糖尿病            〇疲労
〇シワ・シミ・くすみ・毛穴の黒ずみ・保湿機能の低下
〇発癌             〇寿命の短縮
〇腎障害            〇白内障
〇アルツハイマー病 等

 

活性酸素が増える主な原因

活性酸素が必要以上に増える原因とはどんなものがあるのでしょうか?

引用:あとぴナビ

 

  • 喫煙
  • 日焼け
  • ストレス
  • 油の多い食事
  • 激しい運動
  • 運動不足
  • 大気汚染 など

現代における物的・人的環境の中で私たちが活性酸素がたくさん増える状況下にあるといえます。

 

出来てしまった活性酸素、どうやって減らせばいいのでしょうか?

では出来てしまった活性酸素を減らすにはどうすればいいのでしょうか?
それには

  • 活性酸素の生産量を抑制する
  • 体内の抗酸化物質を増やす

という2通りの方法があります。

活性酸素の生産量を抑制するには
・喫煙をやめる
・ストレスをため込まない
・食事に気を付ける(インスタントやジャンクフードをなるべく食べない)
・良質な睡眠をとる
・適度な運動などがあります。

 

今回は体内の抗酸化物質を増やす方に着目します。

体内の抗酸化物質を増やすには?

実は活性酸素をやっつけてくれる成分を人間は自分で作り出すことができます。それが酵素です。

酵素は増えすぎた活性酸素をどんどんやっつけます

酵素と言えば最近はダイエットやアンチエイジングでも酵素のことが言われていますよね?

食品に含まれる酵素もすごくいい働きをしますが、口から取り入れる酵素は酵素1こに対し活性酸素1こしかやっつけることができません

ということは酵素を含む食品をいっぱい摂らなければならないということになります。

 

ところが体内で作られる酵素は酵素1つで活性酸素を何1000もやっつけてくれるのです!
この差は大きいですよね
体内で作られる酵素をSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)と言います。

スーパーオキシドディスムターゼ (Superoxide dismutase, SOD) とは、細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素である。酸素消費量に対するSODの活性の強さと、寿命に相関があると言われるが、これは体重に対して消費する酸素の量が多い動物種ほど寿命が短くなるはずのところを、SODが活性酸素を分解することで寿命を延ばしているとするものであり、動物の中でも霊長類、とくにヒトはSODの活性の高さが際立ち、ヒトが長寿である原因のひとつとされている。

SODは、スーパーオキシドアニオン(・O2)を酸素と過酸化水素へ不均化する酸化還元酵素である。活性中心に銅(II)イオンと亜鉛(II)イオン(Cu, ZnSOD)、またはマンガン(III)イオン(MnSOD)や鉄(III) イオン(FeSOD)のように二価または三価の金属イオンを持った酵素で、細胞質(Cu, ZnSOD) やミトコンドリア(MnSOD)に多く局在している。酸化ストレスを減少させる役割を持つ。最近、ニッケルを持つ酵素(NiSOD)も発見されている。生成した過酸化水素はカタラーゼやペルオキシダーゼなどによって分解される。

がん細胞では活性酸素が高頻度に産生されており、SODの阻害に感受性を示す場合があるため、抗がん剤の標的として研究が行われている

引用:ウィキペディアより

 

若いうちはSODは体内でたくさん作られ活動しています。しかしSODは年齢が進むにつれて減少していきます

すると除去しきれなかった活性酸素が体内で悪さをし、シミしわの原因になったり病気を引き起こしたりするのです。

 

引用:TJC.INC

ところがSODを作るように命令することができる物質があるのです。

それがNrf2(ナーフツー)です。

※専門的に詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
Keap1-Nrf2システムによる酸化ストレス・親電子性物質防御機構

 

Nrf2がうまく働けば活性酸素もどんどんやっつけてくれるのです。アンチエイジングにはもってこいです。

しかし、このNrf2も加齢とともに働かなくなってしまうのです。
『なんだか、疲れた細胞の中にいるとこっちまでやる気なくすわ~』という感じ。

これじゃあ意味がない!!ということで開発された製品があるのです。

 

Nrf2にやる気を出させる!『プロタンディム』

アメリカのジョー・マッコード博士という人が30年もの年月をかけ、ある効果が期待できる製品を作りました。
それはNrf2にスイッチを入れる製品。

『プロタンディム』という製品です。

成分はすべて自然界にある植物(ハーブ)です。

  • クルクミン(ウコン)
  • 緑茶
  • マリアアザミ
  • ブラックペッパー
  • オトメアゼナ

それぞれの成分についてはまた詳しくお知らせしますね。

 

『プロタンディム』という製品は、これらのハーブを黄金比率ともいえる配合でNrf2を効果的に働かせて、SODをたくさん作らせることができる製品なのです。

 

 

なにも足さない・引かない=『引き出す』という考え方

この『プロタンディム』の素晴らしいところは
身体の機能として本来持っているパワーを引き出すというところです。それはサプリメントのように成分を足すのではなく、痛みや炎症を取り除く薬のように引くわけでもない。そういうものなのです。

前述したとおりそのほうが食品やサプリで摂るより数1000倍、活性酸素を減らすことに効果的。

この製品はこれからの長寿社会に『健康で長生き』=健康寿命を延ばすという夢をかなえてくれるものでなはいかなと思います。

この商品の会社はライフバンテージといいます。
興味のある方はこちらをご覧ください。

また製品についてのお問い合わせはこのブログでどうぞ!

お問い合わせフォームはこちら